風俗バイトの注意点

風俗業界で働く時に最も注意しなければいけないのが女性スタッフに手を出す事です。これはバックが暴力団だろうがなかろうが最もしてはいけない行為だと言われています。風俗業界で働く女性はとてもわがままな方が多く、気分を損ねてしまうとそれだけで仕事で手を抜いてしまったり、露骨に出勤日数が減ってきてしまいます。

例えば、風俗で働いている女性と付き合ったとします。独占欲の強い女性の場合には、スタッフとして他の風俗で働いている女性を車で送迎する時に二人っきりになる事すら許せなくなってしまうかも知れません。同じ会社で働いている方は、毎日のように顔を見合わせるようになっております。そのため、話していないつもりでも、やはりバレてしまう事が多くなっています。腫れものに触るような雰囲気の社内は、他のスタッフにしたらあまり良い物ではありません。

またタバコを吸うのも嫌われる可能性があります。風俗で働いている女性をお客さんのいるホテルまで送迎するような場合には、タバコの匂いが女性にまとわりついてしまう可能性があります。男性にとっては女性は美しいままでいて欲しい物ですので、タバコの匂いを付けてしまうのはNGな行為になりますので注意して下さい。

アルバイト内容

男性の風俗業界でのアルバイトはお店や募集要項によって大きく変わります。酔っぱらっているお客さんを追い返したり、何らかのトラブルになった時にその場を収める用心棒のような仕事の場合もありますし、ストーカー対策として風俗で働いてくれる女性を自宅からお店まで車で送迎する際のドライバーというお仕事もあります。

また、男性は基本的な何でも屋さん的な扱いのお店が多く、開店前のトイレの清掃であったり、風俗で働いている女性が待機している時に必要なドリンクやご飯などの買い出しなども行います。

また、ソープランドの場合には、シーツを変えたり、お風呂の掃除なども重要な仕事内容になります。最近では客引きが出来ないようになっておりますので、外で働くというよりは、店舗内での仕事がメインとなっております。慣れてきたらお客さんの電話応対であったり、予約の調整、お客さんからのメールなどの対応があります。

最近では、ホームページの更新を行ったり、メルマガの発行なども行います。時には風俗で働く女性の代りにサンキューメールを送ったり、風俗嬢個人のブログを更新するための文章の下書きなどを書いたりもします。本当に何でもやるつもりで行わないと出来ないのが風俗のアルバイトなのです。

2016年の風俗事情

2016年現在、風俗業界はこれまでにないほどの盛り上がりを見せています。年間で5兆円以上も売り上げている超特大の市場にまで発展した風俗業界は、これまでもこの勢いは続いて行くと言われています。

風俗業界で最も重要なのは風俗で働いてくれる女性です。一般的なお店でいう所も品物が風俗で働いてくれる女性になりますので、これは最も重要な存在である事は間違いありません。しかし、お店という物は品物があればそれだけで十分だという事はありません。お客さんと品物の間に入る従業員が必要になるのです。

そのため、風俗業界では男性従業員を募集しています。特にデリヘルなどの店舗では、かなりの多くの求人情報が掲載されていますので、デリヘルで働きたいという方が増えて来ています。

これまではヤクザや暴力団がバックについているのが風俗という認識があったかも知れませんが、最近のデリヘル店の多くはヤクザや暴力団は関係なく本当に新規参入しているお店が多い為、よりクリーンで健全な状態の環境下で働く事ができるようになっています。そのため、2016年現在において、コンビニのアルバイトよりも高い時給で効率的に働きたいという方にかなりおすすめのアルバイトになております。